熊谷福田表具店
電話番号
壁紙・襖新素材
伝統ある和紙の世界ですが、日々技術革新が進んでいます。
当店で取り扱っている新素材の商品をご紹介いたします。
玉紙とは
玉紙

●  原料は安心の天然素材

「玉紙」の原料となるのは、全て自然から生まれた素材です。素材にも加工にも有害物質、化学物質を一切使用していません。
玉紙のベースとなる和紙の原料は、山林に生える楮、三椏、雁皮といった天然植物。超撥水加工には大地から生まれた珪素を使用しています。
珪素とは岩石に約80%含まれている元素の一つで、もちろん人体には無害です。シックハウスの心配はなく、安心してお使いいただけます。

● 健康的な住空間をサポート

高温多湿な日本の気候において、通気性に優れ、湿気をコントロールできる建築建材は健康住宅づくりには不可欠です。一般的な防水加工を施した壁クロスは表面をコーティングするため通気性が悪く壁との隙間で結露を防ぎます。また、余分な湿気のない状態を維持することで、カビやダニの発生も防止。健康的な空間づくりをサポートします。

● 汚れにも強く、クリーンな状態を維持

「玉紙」は静電気を起こさないため、空気中のホコリやゴミを寄せつけにくく、クリーンな状態を保つことができます。また、超撥水加工により防汚性が高く、汚れにも強さを発揮。
タバコのヤニや手垢など、気になる日常の汚れが付着しにくいため、清潔感のある美しい空間を維持しやすくなっています。

● 木の色合いが心と体にやさしく作用

森に浄化作用があるように、自然により近い生活環境はストレスを緩和し、心と体を健やかな状態に近づけてくれます。そんなことを意識し、「玉紙」はナチュラルな色味、心と体にしっくり馴染むやわらかな風合いが自然体で暮らせる住空間づくりのお役に立ちます。

● 地球環境への配慮

樹木を原料とし、澄んだ水を使って漉きあげる和紙。自然の恩恵なくして、「玉紙」の存在はありえません。だからこそ、私たちは自然への感謝を込めて、環境負荷のない製品づくりに努めています。原料はすべて自然素材。燃やしても有害ガスを発生することがありません。また、大地から生まれた素材なので、土に埋めれば大地へと還ります。
玉紙の性能
玉紙の性能

<試験写真>

左の写真は「玉紙」の撥水試験による水滴(5μl)の顕微鏡写真です。
水が紙に染み込むと水滴は球体を保つことができず崩れてしまいますが、この写真では紙の表面に水が紙に染み込むことなく球体のカタチで乗っているのがわかります。
水滴に映っているのは撮影時に反射したライトの光(外側の輪)が瞬間的に水滴内部を通って逆像(内側の輪)を生み、二重の輪を描いています。
まるで人体の目のような精密な映り込みを分析するほどに、この水滴が完全な球体であることが証明されます。
それはそのまま「玉紙」が持つ撥水性の精度を表す証でもあるのです。

<普通の和紙>

右の写真は超撥水を施していない和紙を上記と同じ条件で撮影したときの写真です。
水滴が付着した瞬間に、既に染み込みが始まっているのが、顕微鏡の光の輪からもよくわかります。
普通の和紙
左記は水滴と紙が接着した状態を模式図で表したものです。
撥水性が高ければ高い程、紙と水滴の接着面積が少なく、球体に近い状態になります。
図は100°で「撥水性がある」
角度が140°以上になると「超撥水性がある」という事になります。
玉紙は140°以上です。

取り扱い

当店では、高機能な玉紙をビニールクロスに近い値段で取り扱いしております。
貼替え価格2,700円/平方メートルより承っております。
どうぞお気軽にお問い合わせください。